新宿の医療脱毛についての深い話

MENU
新宿で受ける際に知っておきたい、医療脱毛とエステ脱毛の違い
MENU
新宿に多い医療レーザー脱毛とは
MENU
医療脱毛で重要な毛周期について
MENU
新宿での医療脱毛クリニックの選び方
MENU
医療脱毛の副作用について

医療脱毛の副作用について

新宿の医療脱毛についての深い話のメインイメージ

医療脱毛には副作用はありませんが、脱毛できない時期や起こるかもしれない症状というものはございます。新宿のクリニックで相談してみましょう。

医療脱毛の副作用について

医療脱毛で永久脱毛して、体に何か悪い影響があるのでしょうか?気になるところですよね。

結論から申し上げますと、副作用というのはありませんが、気をつけなければならない点はいくつかあります。

・妊娠中や授乳中の方

妊娠していたり、授乳していたりするとホルモンバランスが安定していません。

ホルモンバランスが安定していないこの時期に脱毛をすると効果が出にくくなるという報告があげられています。

それで、できるだけ妊婦さんや小さいお子さんがいるお母さんは、この時期を避けて医療脱毛されることをお勧めします。

・やけどや色素沈着について

医療レーザーは黒に反応しますので、シミや日焼けした肌に充てると、シミがひどくなったり、やけどを起こしてしまったりすることがあります。

それでシミには前もってテーピングをしたり、日焼けは3か月以上経ってから脱毛をしたりと、注意を払う必要があるでしょう。

それでも100%これらのトラブルがないとは限りません。

きちんとした説明を聞いてから処置を受けるようにしましょう。

・皮膚がんについて

医療レーザーの光は血管や内臓にまで影響を与えることはなく、この光は赤外線に近いものなのでがんの心配はありません。

・正しい知識を得て安全に

このように医療脱毛は決して体に悪いものではありませんが、しかし正しい知識を得て、安心できる新宿のクリニックで治療を受けることをお勧めいたします。

新宿にもたくさんありますから、まずは無料カウンセリングで副作用について尋ねてみるのもよいでしょう。